睡眠時間が短いと脳の老化も早くなる

睡眠不足の翌日は仕事の能率も上がらないものですが、長期的にも脳の老化を早めることが報告されています。

 

睡眠不足は脳の老化を早める 睡眠の時間と質を高める工夫が必要 | メンタルヘルス | 保健指導リソースガイド

シンガポール国立大学医科大学院のジュン ロー氏らは、睡眠時間が短い高齢者では脳の老化が早いという研究結果を発表した。

 研究チームは、55歳以上の健康な中国系シンガポール人66人(平均年齢67歳)を対象に、睡眠と認知機能の関連を調べる研究を行った。2005年から研究をはじめ、2年ごとに脳や認知機能の検査、睡眠時間と睡眠の質についてのアンケートなどを行った。

 被験者にMRI(核磁気共鳴画像)検査も行った。MRI検査を行うと、脳出血脳梗塞・脳腫瘍などの病気を発見できるのに加え、脳の中の構造や老化の程度を調べることができる。

 その結果、睡眠時間が1時間短いと、脳内にできる隙間が1年ごとに0.59%拡大し、脳が縮んでいくことが判明した。さらに、認知機能は1年ごとに0.67%低下することが明らかになった。

 「睡眠時間が短いと、脳の老化や認知機能の低下に影響することが分かりました。認知機能の低下は、アルツハイマー病などの認知症の発症にもつながります」と、ロー氏は述べている。

 原著:

Associations of objectively and subjectively measured sleep quality with subsequent cognitive decline in older community-dwelling men: the MrOS sle... - PubMed - NCBI

 

自戒を込めて、今日は早く寝ます。

 

brain-care.hatenablog.com

 

-------------------------------------------------

ブレインケアクリニック院長 今野裕之

Hiroyuki Konno, MD, Ph.D.

〒160-0017 東京都新宿区左門町13 磯部ビル2F

Email: info@brain-care.jp 

Tel: 03-3351-3386

URL: http://brain-care.jp(メインページ)

URL: http://www.brain-care.jp保険診療ページ)

-------------------------------------------------

 

brain-care.jp