漢方のお話その11 風邪に効く!漢方的レシピ

風邪の基本的対策

 

風邪は、空気が乾燥する季節に鼻やのどの粘膜の抵抗力が落ち、ウイルスに感染しやすくなることでひきます。

漢方では、のどの粘膜が乾燥し、炎症を起こして引く場合と、首の後ろや背中から寒気が入り込んで引く場合とに分けて考えます。

いずれにしても、カゼはひきはじめが肝心です。

頭痛、悪寒、発熱ではじまる場合は、体を温めて発刊を促します。食材としては、ショウガやネギやクズが効果的。一方、寒気がなく、のどの痛みから始まる場合はダイコンやナシなどでのどの粘膜の炎症を抑えます。

風邪に効くレシピを二つ紹介します。

 

 

◎初期のカゼに特効なレシピ◎

〈長ネギとショウガのみそ汁〉

ネギもショウガも体を温め、発汗を促す食材です。

風邪をひきやすい時期は常食するとよいでしょう。

 
材料(二人分)

・長ネギ・・・・・・6cm

・ショウガ・・・・・1かけ

・だし汁・・・・・・400ml

・みそ・・・・・・・30g

・すりゴマ・・・・・小さじ1

 

作り方
  • 長ネギは斜め切り、ショウガは千切りにする。
  • 鍋にだし汁を入れ、沸騰したら①を加え、再び沸騰したら火を止めみそを溶き入れる。
  • 器に盛り、すりゴマをかける。

 

効能

ネギ・ショウガ(発汗+体を温める)

 

 

風邪の予防には

風邪の予防には首元をマフラーなどで保温すること、上背部をセーターやベストなどで冷やさないようにすること、発汗を促す食材(長ネギ、ショウガ、クズなど)を摂ることが大切です。

 

 

 

◎こじれたカゼに◎

〈鶏肉とニンニクのみぞれ鍋〉

カゼがこじれて食欲がなく、体力が落ちているときに。

 

材料

鶏もも肉・・・・・・・・80g

・ハクサイ・・・・・・・・1/10株

・ショウガ・・・・・・・・1/2かけ

・ニンニク・・・・・・・・1かけ

・水・・・・・・・・・・・400ml

しょう油、塩・・・・・・各少々

・卵・・・・・・・・・・・1個

・ダイコンおろし・・・・・5㎝分

 
作り方
  • 鶏もも肉は一口大に切り、ハクサイはざく切り、ショウガは千切り、にんにくは薄切りにする。
  • 鍋に①と水を入れ、沸騰したら中火で煮込む。
  • 具罪に火が通ったら、しょう油、塩で味を調える。
  • 最期に溶き卵を加えてひと煮立ちさせ、火を止めて大根おろしを加える。

 

効能

鶏肉(胃腸機能を補う+体力を養う)/ショウガ(体を温める)/ハクサイ(のどの渇きを抑える)/ダイコン(消化促進)/ニンニク(体を温める+体力を養う)/卵(体力を養う)

 

いかがでしたでしょうか?風邪は万病の元。普段の食事からしっかり予防して冬を乗り切りましょう!

 

brain-care.jp